会社沿革

1916(大正5年)
白鳥與惣左衛門カフェインの国産化に成功し、白鳥製薬所を創業
1918(大正7年)
特許第3278号(カフェイン製造法)を取得
1928(昭和3年)
大礼記念国産振興東京博覧会総裁よりカフェインに対する優良国賞牌を受ける
1948(昭和23年)
株式会社に改組し、白鳥製薬株式会社を設立(資本金130万円)
白鳥與惣左衛門が初代社長に就任
1950(昭和25年)
医薬品の統制撤廃を機に販売強化のため白鳥薬品株式会社を設立(資本金50万円)
1963(昭和38年)
東京営業所を東京都中央区日本橋室町に開設
1964(昭和39年)
本社工場(津田沼)を建て替え
1969(昭和44年)
千葉工場を新設し、天然カフェインの製造開始
東京営業所を東京都中央区京橋に移転し、東京支店に名称変更
1971(昭和46年)
初代社長白鳥與惣左衛門逝去
2代目社長に白鳥弘恒就任
1977(昭和52年)
習志野市本社内に中央研究所を建設し、研究開発体制を充実
1978(昭和53年)
白鳥弘恒社長が会長に就任し、3代目社長に白鳥茂雄就任
1980(昭和55年)
東京中小企業投資育成株式会社資本参加(転換社債)
1984(昭和59年)
埼玉県三郷市日本ケミファ内に草加工場開設
1985(昭和60年)
千葉工場11号棟を増築し、反応、精製設備を増強
1988(昭和63年)
茜浜工場開設
1990(平成2年)
千葉工場内にサントリー千葉医薬工場建設
白鳥茂雄社長が会長に就任し、4代目社長に白鳥純就任
1996(平成8年)
FDAの承認前査察を受け、cGMPが適正であると認められる
本社業務を茜浜本社に移転
1998(平成10年)
白鳥純社長が会長に就任し、5代目社長に白鳥豊就任
2002(平成14年)
社団法人中小企業研究センター賞・地区表彰(現グッドカンパニー大賞・優良企業賞)を受賞
2003(平成15年)
白鳥社長千葉県優秀企業経営者表彰知事賞を受賞
白鳥豊社長日本医薬品原薬工業会会長に就任
千葉工場ISO14001認証取得
2005(平成17年)
薬事法改正により医薬品製造業に特化へ
2007(平成19年)
千葉工場内に原薬製造工場棟(14号棟)を増設
2012(平成24年)
米国向け希少疾病用医薬品原薬の商業出荷開始
2013(平成25年)
千葉工場ISO22000,FSSC22000認証取得
本社敷地内に高薬理活性研究所を開設
2014(平成26年)
千葉工場17号棟1階に精製設備増強